八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

川原親子が県代表 国体アーチェリー選考会

アーチェリー成年男子の部で、2年連続で県代表に選ばれた川原輝久(右)、壯太親子=3日、宜野湾高校(八重山アーチェリー協会提供)

アーチェリー成年男子の部で、2年連続で県代表に選ばれた川原輝久(右)、壯太親子=3日、宜野湾高校(八重山アーチェリー協会提供)

2年連続 九州大会へ

 9月29日から福井県で開催される第73回国民体育大会アーチェリー競技の県選抜選手を決める選考会(沖縄県アーチェリー協会主催)がこのほど、宜野湾高校グラウンドで行われ、八重山から成年男子の部に川原輝久(54)、壯太(20)=日体大3年=親子が2年連続で県代表に選ばれた。

 2人は8月19日に鹿児島県で開かれる九州ブロック大会に出場し、福井国体出場枠を目指す。

 予選会は6月の毎週日曜日に全4回行われ、70㍍ラウンド36射を2ラウンド行った合計点で上位3人が代表に選ばれた。

 3日に参加した2人は、激しい雨風で厳しいコンディションの中、壯太さんが624点で1位、輝久さんが552点で3位に入った。

 国体県代表は今回で4度目の壯太さんは、オリンピック出場を目指しており、ことしに入ってから点数が伸びている、という。

 今回2度目の輝久さんは、「九州は全国でもレベルが高い。みんなの代表として、九州大会まで2カ月しっかり練習を重ねてチームに貢献できるように結果を出したい」と意気込みを語った。

  • タグ: アーチェリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム