八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町戦没者追悼式 鎮魂の祈りささげる

島民らが焼香し戦没者の御霊を慰めた=23日午前、竹富町出身戦没者慰霊之塔の前

島民らが焼香し戦没者の御霊を慰めた=23日午前、竹富町出身戦没者慰霊之塔の前

遺族や児童生徒ら参列

 【竹富】第57回竹富町戦没者追悼式(竹富町主催)が23日午前、竹富島にある竹富町出身戦没者慰霊之塔の前で行われ、島民や竹富小中学校の児童生徒、行政関係者ら約90人が参列し、鎮魂の祈りをささげた。正午の時報にあわせ町内の各島で防災無線からサイレンが鳴り、町民らは黙とうし恒久平和を願った。

 式の中で西大舛髙旬町長は「町出身戦没者をはじめ、全戦没者のご冥福を心からお祈り申し上げる。戦争は人間の尊厳を踏みにじるもの。悲惨な戦争を風化させることなく次世代に伝え、八重山から世界へ平和のメッセージを発信することが私たちに課せられた使命である」と式辞を述べた。

 同校生徒会長の上勢頭伶陽(りょうや)君=中学3年=は、笑い声の絶えない毎日に幸せを実感しながら「戦争について深く知り、世の中に関心を持ち僕たちの未来を僕たちで考えていきたい」と誓った。

 沖縄遺族連合会八重山支部を代表して大山三幸さん(52)が追悼の言葉で御霊を慰めた。

 この後、参列者全員で「月桃」を歌い、西大舛町長、竹富町議会の新博文議長、上勢頭篤竹富公民館長、同校児童生徒や遺族らが焼香した。

 塔には、竹富町出身戦没者341人の名前が刻まれ、「ここはもはや汝が古里ぞ、帰りきて、御霊安かれ、この島とともに」と戦没者の魂を落ち着かせる鎮魂歌が彫られている。式の前には、西表島の祖納・干立「結の会」の会員らが折った千羽鶴も献納された。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム