八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【慰霊の日企画】元学徒の証言㊦ 元八重山中学徒・山田善照さん(90)=真栄里=

「いくさは絶対にあってはならない」と語る山田善照さん=13日、真栄里の自宅

「いくさは絶対にあってはならない」と語る山田善照さん=13日、真栄里の自宅

にぎりめしが命の綱
「偉い人は第一線にいかない」

 ■「トンツー」

 県立八重山中学校に通っていた1945年3月末、鉄血勤皇隊通信隊に入隊した。当時16歳。

 兵舎は登野城国民学校にあったが、八重山旅団司令部東の墓の近くでモールス符号の練習を開始した。ただ、空襲の度に墓に逃げ込んでいたため、成績は上がらなかったという。

 八重山諸島は前年の44年10月12、13日、初めて空襲を受け、45年になると、飛行場周辺を中心とした空襲が頻繁になり、攻撃は激しくなった。

 戦局の悪化で5月末には於茂登と開南北西の於茂登岳のふもとに移動。本格的に機械の操作を受け、送受信の訓練に励んだ。

 旅団司令部は、石垣島の南側からの敵上陸を想定し、山間部への移動を旅団は決定。一般住民には6月10日までに軍の指定地に避難せよとの命令を出した。

 司令部は、山間部の地形と堅固な陣地で、長期持久戦に持ち込んで最後の一兵卒まで抵抗を持続し、敵の飛行場利用を許さないようにと考えていた。於茂登岳への移動に伴い、山田さんら学徒は各部隊の資材運搬にかり出された。

 ■何人残った?

 暗闇、小雨の中、開南から資材を担ぎ、兵隊に引率され、ぬかるむ田んぼのあぜ道を通り、川を渡り、畑を横切り、林を抜ける。重い鉄線を山奥の司令部まで運ぶ。資材運搬を終えると、通信班はさらに山奥へ。その間にマラリアに罹患(りかん)する学徒も。食料不足、過労で弱り切った体にマラリアは罹患するという。

 沖縄県史10「沖縄戦記録2」に「軽い者はキニネを飲み二、三日休んで作業に出役、重症の者は家庭へ、残った者は家からの差し入れ、父母の手作りのにぎりめしが命の綱。山奥へ引っ越した時は何人残ったろうか」と記している。

 ■一銭五厘

 ある日のこと、外泊の許可が下り、名蔵ビイナダの田小屋に向かった。母親はマラリアによる高熱のため、流産したという。青ざめて血の気がない。かすかな声で「善照、元気だったか」と声をかける母のやせ衰えた姿に「生きていてくれるだろうか」と不安がよぎる。

 避難していた母、祖父、妹、弟の全員がマラリアに罹患したが、幸い、病院に勤務していた姉が確保したというキニーネで一命を取り留めた。

 於茂登岳に戻ってからは通信隊の他班との連絡も途絶えたが、送受信の実地訓練の連続。戦況についてはもちろん知らされなかったが、8月9日、勤皇隊は除隊となった。

 あれから73年。「僕が強く言いたいのは…」と一呼吸置いて語った。

 「偉い人は第一戦には行かない。一銭五里の命の兵隊が銃を持って殺しに行った。多くの人を殺せば国は戦争に勝つ。兵隊同士が殺し合い、えらい人は殺しも殺されもしない。いくさは絶対にあってはならない」

  • タグ: 慰霊の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム