八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

彗星会議、八重山初開催 全国から天文学者や愛好家

全国からアマチュア天文愛好家や天文学者が参加した第48回彗星会議in石垣島=16日午後、市民会館展示ホール

全国からアマチュア天文愛好家や天文学者が参加した第48回彗星会議in石垣島=16日午後、市民会館展示ホール

 全国からアマチュア天文愛好家や天文学者が集い、彗星(すいせい)について話し合う「第48回彗星会議in石垣島」(同実行委員会主催、八重山星の会共催)が16日午後、市民会館展示ホールで初めて開かれた。昨年の開催地は旭川市。

 全国からの愛好家約50人を前に、八重山星の会の通事安夫代表は「石垣島は北緯24度にあり、国内でも赤道に近いことから、多くの天体観測に適した地域。88星座のうち84星座を見ることができる。彗星会議とともに石垣島の星空を楽しんでほしい」とあいさつ。

 会議では、愛媛県久万高原天体観測館の中村彰正氏が「2017年の彗星発見と観測のまとめ」として、17年は70個の彗星が発見されたことを報告。吉田誠一氏が主な彗星の光度変化を発表した。

 八重山星の会の通事代表も「私の彗星体験」として、星の会の立ち上げのきっかけや、これまで撮影してきた彗星の写真などを紹介した。

 久しぶりに会議に参加したという多胡昭彦さん(85)=岡山県=は、これまでに四つの彗星を発見しており、「北の方に住んでいると、少しでも南の星を見たい気持ちがある。今回は曇りなので見られるかどうか。久々の星仲間との交流も楽しみ」と笑顔を見せた。

 招待講演として、元国立天文台研究技師の福島英雄氏が「石垣島天文台の観測成果」を話した。

 会議は17日も同ホールで行われ、午後1時半から公開講演「宇宙の謎~なぜ私たちはここにいるのか~」、「太陽系小天体の謎~予想通りにならないから面白い」が予定されている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム