八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ミサイル基地は危険」「中国攻めてくる可能性」

住民意見交換会に参加する市民。冒頭、中山義隆市長のあいさつを聞く=11日夜、石垣市民会館大ホール

住民意見交換会に参加する市民。冒頭、中山義隆市長のあいさつを聞く=11日夜、石垣市民会館大ホール

陸自配備計画 初の住民意見交換会開催

 防衛省の平得大俣地区陸上自衛隊配備計画をめぐり、石垣市は11日夜、全市民を対象にした初の住民意見交換会を市民会館大ホールで開いた。200人余りが出席、中山義隆市長らは「ミサイル基地があると逆に危険だ」「中国が攻めてくる可能性がある」などと反対・賛成双方の意見を聞いた。市は意見を整理して同省に伝え、質問については配備予定地周辺4地区への回答と合わせて公表する考えを示した。受け入れ可否の最終判断について中山市長は「適切な時期にと考えており、この場では答えられない」と明言を避けた。

 意見交換会は「昨年5月に配備候補地の施設配置案が示されていることから、住民福祉の向上を図る任を負い、市民の生命、財産を守る市長の立場から、市民の意見を直接うかがう」として開催。配備計画に関する質問を受けた後、反対、賛成の意見を交互に聞く形式で進めた。

 反対意見では「ミサイル基地だから危険。外交交渉の方向にある世界の情勢に逆行する」「東アジアは依存関係で成り立っている。ミサイル基地は無意味」「トランプ大統領は日本に武器を売りたい。安倍首相も中山市長もこのために基地がほしいのか」「法的根拠のない専権事項で住民を押さえつけるのか」「中国が侵略すると言うが、攻めるなら基地を造る前に攻めるはずだ」など。

 賛成意見では「自衛隊がいれば、迅速に急患輸送ができる」「有事のときには自衛隊に託す以外にない」「中国は沖縄を取り返すと言っている。抑止力がなければ中国軍が上陸して占領し、島全体が中国の軍事基地になることはあり得る」「島に落ちるお金にも期待する。基地周辺整備事業でインフラの整備もできる」「侵略されたくはない」「若い人が入ってくるので活性化する」などがあった。

 質問では、賛成派から「防衛大臣の要請から4年がたつ。市長はいつ表明するのか。早く表明してもらいたい」と迫る声がある一方、「反対の市民から意見を聞く機会をつくるのも大事。ほんとうに必要なのか、もう少し議論したほうがよい」との指摘もあった。

 一方、質問を1分以内、意見を3分以内とされたことに「市民に対する姿勢が疑わしい。進行の仕方は事前に知らされていない。4公民館への対応も礼を失している。市長は物理的に難しいというが、島内10カ所くらいで意見交換会をやればお年寄りも参加しやすい。急ぐ理由があるのか」と疑問の声も。

 中山市長は記者団に「今回の意見交換会は全市民を対象にしたので、各地区を回る必要はない。十分に意見を聞けたと思う。発言できない人は出口で書いてもらった」と述べ、市民との意見交換会を今回で終了する意向を明らかにした。

  • タグ: 平得大俣地区陸上自衛隊配備計画住民意見交換会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム