八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

古典民謡コン審査開始 本社主催

初日は最優秀賞の部の28人が審査に挑んだ第44回八重山古典民謡コンクール=7日午後、市民会館中ホール

初日は最優秀賞の部の28人が審査に挑んだ第44回八重山古典民謡コンクール=7日午後、市民会館中ホール

初日、最優秀賞に28人挑戦
合格発表は10日

 第44回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)の公開審査が7日から、石垣市民会館中ホールで始まり、初日は最優秀賞の部に28人が臨んだ。受験者は緊張の面持ちで課題曲の「越城節」「石ぬ屏風節」「崎山節」「しょんかねー節」を歌い上げた。

 同コンクールは正確な八重山古典民謡の伝承普及を図り、新進歌い手の発掘や後進を育成する場とし、八重山の音楽文化の発展向上へ寄与することが目的。

 ことしは奨励普及賞に3人、新人賞に77人、優秀賞に65人、最優秀賞に67人の計212人が審査に臨む。

 ■委員ら審査基準や判定表などを確認

 第44回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)の公開審査初日の7日午前、石垣市民会館中ホール会議室で審査委員会(金城英皓委員長、委員10人)が開かれ、審査基準や審査表、判定表などを確認した。

 同日午後2時から、最優秀賞1番から28番の審査を実施。8日は同賞の29番から67番、9日は奨励普及賞の1番から3番と新人賞の1番から77番、10日は優秀賞の1番から65番の審査が行われる。審査開始は午前9時30分から。全審査終了後に合格者を発表する。

 審査委員は次の通り。

 ▽委員長=金城英皓▽副委員長=仲大底博也、横目博二▽委員=比屋根孝子、稲福義男、黒島章、砂川葉子、長浜寛、東玉盛靖修、内原加代子

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム