八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

梅雨期間だというのに雨も降らず、毎日うだるような暑さが…

 梅雨期間だというのに雨も降らず、毎日うだるような暑さが続いている。2月から少雨傾向が続き5月8日の梅雨入り後、雨らしい雨が降ったのは、梅雨入り直後と、先日のわずか数日のみ。それ以外はほぼ晴天続き。10日後にはハーリーも控え、梅雨明けも秒読みだ▼だが、このまま雨が降らないと農家は大変。サトウキビはロール現象が始まりそうで、かん水施設のないほ場は特に心配だ。干ばつはキビの成育に大きな影響を及ばすだけに、定期的な散水は必要不可欠。ルールを守った散水が求められる▼石垣市の飲料水を担う真栄里ダムの貯水率は7日時点で96・5%。数字的にはまだまだ余裕がありそうだ。だがこの数字にはからくりがあり、島内最大の農業用ダム「底原ダム」から農業用水として流入があるためだ▼だが、底原ダムの水位が下がり、水面の高さが真栄里ダムよりも低くなれば流入がストップ、真栄里ダムの水位が短期間で一気に下がる▼石垣市水道部によると、白水の河川水など各水源からの取水量が15~20%減っており、今のままでは4年ぶりに給水制限の可能性も▼同部では▽庭や道路への散水の回数を減らす▽自動車の洗車を極力控える—などの節水を市民に呼び掛ける。一人の小さな節水が、全体の大きな効果につながることに。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム