八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

事業の円滑な遂行を

 ▽…石垣島国営土地改良事業推進協議会では、委員から県営・団体営(市)の国営関連事業が最重要課題と指摘された。木に例えると、国営は幹、関連は枝葉の事業を担うことになる。枝葉を張り巡らさないと幹から水を送ることはできない。国営は確実に整備されるが、農家の同意を必要とする関連が気がかり。関連事業の円滑な遂行にはマンパワーの確保が必要のよう。

 ▽…2018年の八重山地区少年補導員として、19人が委嘱を受けた。任期2年、八重山署と協力し、非行防止や非行少年の発見通報、少年相談などの活動に努める。八重山署によると、同補導員らの平均委嘱期間は8年、平均年齢は55歳のベテラン集団。与那嶺一文署長も「安心して任せることができる」と感謝。

 ▽…発達支援システムの第一歩としてすこやか相談窓口が開設した。同システムの部署設置を求めていた要請団体は、「特別な窓口ではなく、気軽に相談できる窓口になってほしい」と期待。乳幼児期から成人までの個人データを共有し支援する体制も求められるため、市は保護者らと膝を交えた協議が求められる。相談窓口でデータを蓄積し、有効に活用してもらいたい。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム