八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

格安航空会社(LCC)のバニラエアが…

 格安航空会社(LCC)のバニラエアが7月1日から成田ー石垣、那覇ー石垣に就航する。ピーチ・アビエーションが那覇路線を廃止してから約4年ぶりのLCC就航だ▼地元の人が多く利用するであろう那覇路線は片道3780円からの設定で、うまく利用すれば1万円以下で往復が可能。先日は片道980円からの特別運賃でも販売された▼ピーチの路線廃止で遠ざかっていた「那覇で模合」の夢が再び現実となる日も近づいている。早めに計画を建て、うまく利用すればLCC運賃の安さは魅力だ▼その歓迎ムードの中、県は17日、離島住民の航空機の利用に一定額を補助する「沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業」の適用保留を発表。これを受け、航空2社は補助額分の片道6350円を既存離島割引運賃に加算するようだ▼適用保留の理由は「航空会社の公正かつ自由な競争が制限されるから」。利用者に事前の安い料金を利用しなさい。もしくは、航空各社が競争し、当日運賃も引き下げよ、ということか▼事前に旅行計画を建て、利用する観光客はともかく急な利用や予定変更も多い地元の利用者にとって離島割引は便利だっただけに、適用保留は残念だ。バニラの便数は2便。大手2社の約4分の1。この比率で競争原理が働くのか疑問だ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム