八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

特養整備で50床増へ 石垣市

7月2日から事業者公募
市内4カ所目

 石垣市は、第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画(2018~20年度)に盛り込まれている広域型特別養護老人ホームの20年度整備に向け、7月2日から事業者を公募するなど手続きを開始する。入所待機者数の増加や待機年数長期化などの課題解消に向け、新規50床を計画。市内の特養は4カ所目となり、これで計230床に拡大する。介護長寿課によると、特養の待機者は現在約100人。今回の増床でも足りない状況となっているが、今後の整備については「団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となる2025年問題を見据えて対応したい」としている。

 同課によると、今回整備予定の特養施設はユニット型で、1ユニットの定員は10人以下。ユニット型は、特別養護老人ホームまえさと茶寿苑に次いで2カ所目。少人数グループをひとつの生活単位として区分し、専用の居住空間と専任の職員を配置することで、細やかな介護ケアを行うことができる。ショートステイ併設も可能としている。

 市は7月2~12日まで公募を受け付け、施設運営の考え方や整備計画の妥当性、事業者の運営状況などを勘案して選定。選定された事業者は速やかに県認可の事前協議など、県認可の事前協議などの手続きを行うことになる。

 このほか市は、看護小規模多機能型居宅介護(登録定員29人以下)と認知症対応型共同生活介護(1ユニット9人)のサービスを提供する事業所も近く公募する。20年度末の事業開始。看護|は市初のサービスで、介護や医療・看護が必要な高齢者の在宅生活の継続を支援する観点から、現行の小規模多機能型居宅介護からの移行を想定している。

 看護—では、主治医と連携し、医療行為も含めた多様なサービスを利用できる。介護支援専門員が「通い」「泊まり」「訪問(看護・介護)」のサービスを一元的に管理するため、利用者や家族の状態に即応できるサービスを組み合わせることができるという。

  • タグ: 高齢者福祉計画介護保険事業計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム