八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

デンサ節大会43人出場 来月24日鳩間開催

第17回竹富町デンサ節大会をPRする冨里保雄会長(中央)=19日午前、町役場2階大ホール

第17回竹富町デンサ節大会をPRする冨里保雄会長(中央)=19日午前、町役場2階大ホール

公募枠は一般5人、子ども3人 来月3日離島ターミナルで予選

 来月24日に鳩間島で初開催となる第17回竹富町デンサ節大会(竹富町民俗芸能連合保存会主催、竹富町・町教育委員会共催、竹富町公民館連絡協議会・鳩間公民館後援)の主催団体が19日午前、町役場で会見し、大会内容を発表した。本選枠は子どもの部(中学生以下)16人、一般の部(高校生以上)27人の計43人。このうち一般の部で5人、子どもの部で3人をそれぞれ公募する。

 「でんさ節」は1768年ごろ、宮良里賢氏が作詞作曲した教訓歌。「でんさ節」を後世に正しく継承発展させるとともに地域活性化を図る目的で、1991年に第1回大会が開催された。2005年9月の第15回大会を最後に途絶えていたが昨年、12年ぶりに復活した。

 第17回大会は午前11時半から鳩間島音楽広場で開催される。出場枠は一般の部が町内21公民館から各1人と町役場職員から1人、子どもの部が13小中学校から各1人。課題歌詞の3句を歌い、3句目は「スマムニ」を条件に自作歌詞も可能。申し込みは今月31日までに保存会事務局(那根操事務局長090—2396—0806)

 一般公募は、6月3日にユーグレナ石垣港離島ターミナルで予選会を行い決定する。問い合わせは町教委(87-6257)

 当日は、各島の応援団ら約480人がチャーター船で会場を訪れる。

 同保存会の冨里保雄会長は「鳩間島が手を上げてくれ、開催に至った。皆さまのお力添えで大会を盛り上げたい」と述べた。

  • タグ: デンサ節
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム