八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

冬~春期 低い稼働率 竹富町内宿泊施設

竹富町観光入域者数と宿泊施設稼働率

竹富町観光入域者数と宿泊施設稼働率

入域客数と逆相関 商工会調査
滞在型プラン開発へ

 竹富町商工会(上勢頭保会長)は、町が目指す滞在型観光の実現に向け2017年度に、町内5島6地区で宿泊施設の客室稼働率の動向や宿泊者のニーズ調査を実施した。町内の観光入域客数が最も多い冬~春期に同稼働率が30%前後と低く、観光客数と稼働率が逆相関にあることが明らかになった。上勢頭会長は新石垣空港の開港後、「竹富町は空港の恩恵をあまり得られていない」と指摘し、新たな観光メニューで観光客を「通過型」から「滞在型」に転換させたい考えを示した。

 調査は、2017年伴走型小規模事業者支援推進事業の一環。滞在型観光の強化に向け実態を把握するため西表島西部、同東部、竹富島、小浜島、波照間島の宿泊施設や宿泊者にヒアリングなどを行った。宿泊稼働率と16年の町内観光入域数(月別)を照らし合わせ課題を分析している。

 シルバーや学校など団体旅行が集中する冬~春期の観光客数は、3月12万4000人、2月10万5000人と多い一方で、客室稼働率は3月38・9%、2月28・3%と低い。

 これに対し、県内で観光シーズンとされる8月は9万人、7月7万5000人と冬~春期に比べ観光入域客数は少ないが、稼働率は8月69・5%、7月68・5%と高い。

 宿泊者へのアンケート結果から、滞在する人はリピーター率が高く、各島での具体的な滞在イメージや目的を明確に持つ人が多くみられた。

 事業者からは「島ごとの個性を生かした観光」や星空保護区認定を活用した「星空や朝日をテーマにしたツアー」などの実施について意見が寄せられた。

 町商工会ではこうしたデータを基に、夏場と冬場に生じているミスマッチを解消するため「宿泊しないと体験できない観光メニュー・ツアー」を模索中で、町や関連事業所と連携を取り、本年度から動きだす予定だ。

 一方、施設の老朽化や後継者不足、外国人観光客向けのサービス拡充など、課題もある。 

 町商工会の古謝スマ江所長は「勉強会などで滞在型についての理解を深めてもらい、プランやメニューの開発を目指したい」と話している。

  • タグ: 竹富町宿泊施設
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム