八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

生産量は13万4675㌧ サトウキビ

郡内5製糖工場の実績

郡内5製糖工場の実績

前期比2万7994㌧増加
郡内5製糖の17/18年実績

 郡内5製糖工場の2017/18年期実績がまとまった。今期は、台風などによるサトウキビへの大きな被害が無く生産量は13万4675㌧と前期から2万7994㌧アップした。収穫面積の合計は前期を389㌶上回る1985㌶だった。一方、長雨や干ばつの影響で波照間と小浜で、前期と比べ10㌃当たりの単位収量(単収)が減少。日照不足などで5工場のうち与那国以外で甘しょ糖度も下がった。

 各製糖工場の操業日数は石垣151日、西表131日、波照間121日、与那国111日、小浜90日。

 このうち、生産量1万1773㌧と過去3番目の実績を収めた西表糖業㈱は、新工場が稼働した14/15年以降、生産量と産糖量で最高値を記録。管理部の大嶺誠次長は、「気象条件の影響も多少あったが、原料や製品の品質も良い」と話した。

 小浜製糖工場では、来期の種苗用の原料も収穫し、増産へとつなげた。来期収穫用の夏植が長雨の影響で定植が思わしくなく、来期に不安材料を残した。

 波照間製糖㈱は、前期の豊作に比べ今期は平作。昨年8月の雨不足で成育が思うように伸びなかったが、それ以降は原料の品質も向上した。

 与那国支店製糖工場は、前期に引き続き台風の影響も無く、生産量は当初見込みを300㌧上回る4704㌧となった。単収、糖度とも上昇した。

 去る3日に操業を終了した石垣島製糖は、前期と比べ収穫面積、単収とも伸びたことで、生産量は前期を2万5028㌧(32・5%)上回る10万2041㌧と15年ぶりに10万㌧を超えた。

 JA沖縄八重山地区営農振興センターさとうきび対策室の仲唐敏和室長は「全体的に操業期間も計画より伸び、収穫量もアップしている。しかし、天候の影響で糖度の低い工場もあった」と実績について述べた。

  • タグ: サトウキビ製糖工場
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム