八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

児童虐待。このテーマを書くたびに…

 児童虐待。このテーマを書くたびに気が重たくなる。だが、それでも書かなければならない▼中央児童相談所八重山分室が2017年度に対応した児童虐待相談件数が、前年度を9件上回る39件となり、07年の分室設置以降、過去最多だったことが分かった(本紙12日付10面)▼相談内容で最も多かったのが、親が子どもたちの目の前で配偶者や親族らに暴力を振るう「面前DV」を含む心理的虐待。次いで育児放棄のネグレクト、身体的虐待の順で多かった▼世の中にはひとり親、経済的困窮、夫婦間の不和などさまざまな家庭生活があるが、どんな事情があるにせよ、児童虐待は許されるものではないはずだ。子どものころに負った深い傷は、大人になっても暗い闇となって心を支配することだってある▼何かしらどうにもならないイライラから虐待に走る。いま、その現実に直面しているなら怒りを絶つために「6秒」数えてほしい。何といっても子どもの暗い表情を見るのは悲しい。子どもには、成長と共に光り輝く笑顔が似合うのではないだろうか▼「お前たちをどんなに深く愛したものがいるか、或いはいたかという事実は、永久にお前たちに必要なものだと私は思うのだ」(有島武郎「小さき者へ」)。親が子を思う情愛は、いつの時代も生きていると信じたい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム