八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「いつの時代も子どもたちの未来は輝いてい…

 「いつの時代も子どもたちの未来は輝いていなければならない」。1999年放送、連続テレビ小説と呼んでいた頃の朝ドラ「すずらん」から拾った言葉。当時の日誌にメモが残っていた。記憶より記録だ▼少子化であれ子どもは生まれる。それが自然の摂理。新たな生命を授かった喜びのなか、命名は親から子への最初の贈りもの。親の願いそのものだろう▼「子」は古来、男子の尊称である。君子(くんし)に諸子(しょし)、孔子に孟子。小野妹子に蘇我馬子。鎌倉では女性の北条政子が実権を握った。江戸では庶民女性に「子」がつくのは珍しく、ハイカラなイメージは明治から。黄金期は昭和だろうか。30年生まれのトップ10は、洋子に恵子、京子と続き全員「子」。昭和50年でも10人中6人だったが、平成元年にはゼロに▼現代はいかが。明治安田生命の名前ランキング2017ベスト100では、1位は結菜と咲良、3位に陽葵。「子」は4位の莉子のみで、あとはすべて「子」の字がない▼きらきらネームと言われようと、当て字ばかりと言われようと、その名前は世界でただ一人、いとしいわが子に贈った親の願い。喜びに満ちた人生であってほしい▼今日は46回目の5・15。沖縄の子どもたちの未来は輝いているか。私たちは、大人社会はその責務を果たし得ているか。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム