八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「母の日」多彩な舞踊楽しむ

出演者がモーヤーで会場を盛り上げた=13日午後、石垣市民会館大ホール

出演者がモーヤーで会場を盛り上げた=13日午後、石垣市民会館大ホール

楽しそうに手拍子を送る女性たち=13日午後、石垣市民会館大ホール

郷土芸能の夕べが特別公演

 「母の日」の13日、各地で母親に感謝するイベントがあり、石垣市民会館大ホールでは、郷土芸能の夕べ「母の日特別公演」(郷土芸能の夕べ運営委員会主催)が開かれた。13舞踊研究所から約100人の踊り手が出演し、八重山舞踊や琉球舞踊を披露。会場に詰めかけた「お母さん」たちを楽しませた。 

 幕開けは、光扇会大浜治子八重山民俗舞踊研究所による「鷲ぬ鳥節」。第1部は、「真南風乙節・とーすぃ」(八重山舞踊勤王流祥吉千代乃会宮城千代舞踊研究所)、「貫花」(玉城流翔節弘子乃会平田弘子琉舞道場)など7演目。第2部で「つんだら節」(秀風会本盛秀八重山民俗舞踊研究所)、「しびらおーざ」(正調正風会赤山正子八重山民俗舞踊練場)など8演目で観客を魅了した。フィナーレには出演者全員が登場、モーヤーで華やかに公演を締めくくった。

 娘にチケットをプレゼントされ来場した仲間貞子さん(89)は「毎年公演を楽しみにしている。各研究所の特徴が出ていておもしろい」と満足そうな表情を見せた。

 妹と訪れた新城敏子さん(87)は「まへーらつが素晴らしかった。お母さん方も出演していて元気をもらった」と感想を話した。

 同公演は毎年、母の日にちなみ開催。各舞踊研究所や地謡が一堂に会するため、この日を待ちわびる舞踊ファンも多い。

  • タグ: 母の日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム