八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島から東京五輪へ

2020年東京五輪の成功を願う「日本一周フラッグリレー」が石垣島からスタートする。旗に寄せ書きし、成功を祈るヨットマンら=13日午後、石垣漁港

2020年東京五輪の成功を願う「日本一周フラッグリレー」が石垣島からスタートする。旗に寄せ書きし、成功を祈るヨットマンら=13日午後、石垣漁港

日本一周フラッグリレー
日本セーリング連盟

 2020年東京五輪開催の機運を高めようと日本セーリング連盟(河野博文会長)は、全国のヨットマンらが応援メッセージを寄せた旗を運ぶ「日本一周フラッグリレー」を石垣島からスタートさせる。今月19日に始まる台琉友好親善国際ヨットレースを皮切りに、2年間掛けて国内ヨットレースで旗をつなぎ、海洋から五輪開催都市、東京への到着を目指す。

 台琉レースを前に13日午後、同連盟の特別加盟団体で国内最南端に位置するNPO法人八重山ヨット倶楽部(深見和壽理事長)が旗に寄せ書き。中山義隆石垣市長も記名した。

 八重山のヨットマンらの思いが託された旗は、同倶楽部所属で、同レースに出場する艇「未来叶(ニライカナイ)」が開幕地の台湾・基隆から次の目的地となる宮古島まで届ける予定。未来叶は17日午前、台湾に向けて石垣島を出発する。

 深見理事長は「いつも海上でいろんな国の方々と交流している縁もある。(東京五輪は)中央で行われる大イベントだが、われわれも同じく成功を願う気持ちで旗をつなぎたい」と話した。

  • タグ: 東京五輪
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム