八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

過去最多、小中学生39人が熱戦 八重山毎日杯ジュニア将棋

八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会に真剣な表情で挑む子どもたち=13日午後、大浜信泉記念館2階

八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会に真剣な表情で挑む子どもたち=13日午後、大浜信泉記念館2階

各級の優勝者。右から選手権の部の當銘征三郎君、中級の部の喜納正直君、初級の部Cチームの松村陽向君、Dチームの木伏旭陽君=13日午後、大浜信泉記念館2階

西表島から柳橋道一さんの教え子12人が参加した=13日午後、大浜信泉記念館

當銘君(大浜中1年)初優勝

 八重山毎日新聞社杯・第5回八重山ジュニア将棋選手権大会(主催・日本将棋連盟八重山支部、共催・八重山毎日新聞社)が13日午後、大浜信泉記念館で開かれ、小学1年から中学3年まで過去最多の39人が腕を競い、當銘征三郎君(大浜中1年)が選手権の部で初優勝に輝いた。

 将棋歴4年の當銘君は「優勝を狙っていたのでうれしい。簡単な勝負も、難しい勝負もあった。県大会では3位以内に入りたい」と喜びを語った。

 本大会では、西表島で子どもたちに将棋を教える柳橋道一さん(42)の教え子ら12人も参加し、会場に熱気を与えた。

 表彰式で八重山毎日新聞社の黒島安隆社長は「将棋は年齢関係なく、頭の良さで勝負できる。これからもどんどん精進して、藤井聡太さんのように強くなってほしい」と激励。日本将棋連盟八重山支部の井手悌二支部長は「最近は大会ごとに新しく強い子が出てくるので、他の子もうかうかしていられない。磨きあえる環境になってきてると思う」と話した。

 当日は初級へ参加希望者が集中したため、予選を行い初級上位者をCチーム、下位をDチームとしてチーム内でリーグやトーナメントを行った。また、選手権の部の参加希望者が1人だっため、同希望者と中級希望者でリーグ戦を行い、優勝者を選手権の部優勝者、準優勝者を中級優勝者とした。

 このほかの結果は次の通り。

 ▽中級=①喜納正直(平真小4年)②長浜陸(石垣第二中1年)③具志龍之介(平真小3年)▽初級(Cチーム)=①松村陽向(吉原小6年)②高松俊巴(古見小5年)③園田成二(石垣第二中3年)▽初級(Dチーム)=①木伏旭陽(吉原小5年)②東浜昴旦(上原小5年)③鈴木琉偉(西表小4年)

  • タグ: 八重山毎日杯ジュニア将棋
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム