八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

造形美を熱心に鑑賞 八重山盆栽展

第33回八重山盆栽展が開幕。初日は作品の講評も行われた=12日午前、石垣市民会館展示ホール

第33回八重山盆栽展が開幕。初日は作品の講評も行われた=12日午前、石垣市民会館展示ホール

8種類24点を展示
「ミニ園芸講習会」も初開催

 第33回八重山盆栽展(主催・日本盆栽協会八重山支部、八重山毎日新聞社)が12日から2日間、石垣市民会館展示ホールで開かれている。会場には、会員が丹精込めて育てたハマシタンやアデクなど8種類24点を展示。自然の風景を切り取り、植木鉢の中で作り出された雄大な造形美を一目見ようと、初日から多くの人が訪れた。

 オープニングセレモニーの主催者あいさつで本社の黒島安隆社長は「盆栽は日本独特の芸術文化。園芸に興味のある方も増えつつあるので、盆栽の啓発を図り支部の会員が増えることに期待したい」と述べた。

 関係者によるテープカットの後、盆栽展が開幕。場内に展示された力作一点ずつを同支部顧問の新城弘志氏が講評。新城氏は「三点飾りから大型の作品まで樹種の仕上がりは良いが、枝の弾みやバランス、立ち上がりに対する流れを考慮して作ると、作品が一段と映える」とことしの出来栄えについて話した。

 盆栽歴約45年、2年連続で金賞を受賞した平良和男さん(58)=真栄里=は予想していなかった受賞に驚き、「今回のハマシタンは模様木として素材に合わせ枝作りをした。成長が遅く、出展までに20年かかった。この勢いで、12月の県盆栽連合展で県知事賞を狙いたい」と受賞を喜んだ。

 初日午後4時からは、会場内で入賞9作品の表彰式も行われ、展示ホール前の広場ではサンダンカやガジュマルなどが即売された。

 同盆栽展入賞作品の上位5点は、ことし12月に沖縄本島での沖縄県盆栽連合展に出展される。

 13日は午前9時半~午後5時まで展示作品を楽しむことができるほか、午前11時から、展示ホール前広場で「ミニ園芸講習会」(日本盆栽協会八重山支部主催)が初めて開かれる。

八重山盆栽展入賞作品紹介

※pdfファイルが別ウィンドウで開きます。

  • タグ: 八重山盆栽展
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム