八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

沖縄地方が梅雨入り 市内で土砂降りの雨

雨の中、傘をさして足早に移動する人々=8日、石垣市登野城

雨の中、傘をさして足早に移動する人々=8日、石垣市登野城

昨年より5日早く

 沖縄気象台は8日、沖縄地方が梅雨入りしたとみられると発表した。昨年より5日、平年よりも1日早い梅雨入りとなった。石垣島地方気象台によると、八重山地方は9日から1週間、前線や湿った空気の影響で、曇りの日が続く見込みで、いずれの日も降水確率は40%以内。降水量は8~52㍉と平年より少ないか平年並みの見込み。

 沖縄地方の梅雨明けは、平年は6月23日ごろ。昨年は6月22日に明けている。 同地方気象台によると、梅雨入りが発表された8日、石垣市登野城で午前10時から午後4時にかけて69.5㍉の雨が降った。市内では土砂降りの雨の中、傘を差して足早に歩く人々の姿が見られた。

 同地方気象台は「急な大雨が多くなるので天気予報を細かく気にかけてほしい」と呼び掛けている。

  • タグ: 梅雨入り石垣島地方気象台
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム