八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

宮良さんゴーヤ最優秀 会員20人、出来競う

最優秀賞に輝いた宮良信男さん=8日午前、石垣市老人福祉センター

最優秀賞に輝いた宮良信男さん=8日午前、石垣市老人福祉センター

石老連品評会

 石垣市老人クラブ連合会(大島正嗣会長)主催の「第34回ゴーヤ品評会」が「ゴーヤーの日」の8日午前、石垣市老人福祉センターで開かれ、会員20人が手塩にかけて育てたゴーヤを出品。重さや形、色つやなどを審査した結果、宮良信男さん(91)=大川老人クラブ=のゴーヤ(露地栽培、群星)が最優秀賞に輝いた。

 同品評会は、沖縄の伝統野菜・ゴーヤの栽培を通して、会員の健康と生きがいづくりを目的に、1985年から毎年開かれている。

 ことしは20人が露地やハウス栽培で育てた「群星」や「あばし」などのゴーヤを出品。沖縄県農林水産振興センター農業改良普及課や、石垣市農政経済課の職員4人が▽重量▽品種の統一、そろい▽形状▽病害虫、傷み▽色つや|の5項目を5段階評価で審査した。

 賞を受けて宮良さんは「5年ほど出品しているが受賞は初めて。特別な栽培方法は取っておらず、常日頃手入れをしていただけなので、まさか最優秀賞をもらえると思ってなかった」と喜んだ。

 審査委員長の農業改良普及課・大城篤班長は「ことしの冬は曇りが続き、気温も低く、ゴーヤには厳しい環境だったが、皆さんの頑張りが伝わってくる見事な出来栄えだった。これからもゴーヤを栽培し、長生きしてほしい」と講評。

 審査の間、同会女性部が会員らへ、手作りのゴーヤジュースを振る舞った。

 その他の入賞者は次の通り。

 ▽市長杯=根本宏佑(若返り会)▽努力賞=島仲貞吉(大浜老人クラブ)

【露地栽培】

 ▽1等=盛山信八(宮良老人クラブ)▽2等=浦崎英孝(石垣尚寿会)▽3等=根間勝久(新栄老悠さわやか)

【ハウス栽培】

 ▽1等=大底安夫(新川老人クラブ)

  • タグ: ゴーヤ品評会石垣市老人クラブ連合会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム