八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八商工 生徒8人技能検定合格

2017年度国家検定制度技能検定で合格した前列左から請盛友樹、大城朝輝、平良祐輝、髙良俊成君、後列左から宮城良太、鳩間千佳大、新城英勇、河本康希君=7日午後、同校

2017年度国家検定制度技能検定で合格した前列左から請盛友樹、大城朝輝、平良祐輝、髙良俊成君、後列左から宮城良太、鳩間千佳大、新城英勇、河本康希君=7日午後、同校

他資格取得にも意欲

 1月から2月にかけて八重山商工高校で行われた2017年度国家検定制度技能検定の電気機器組み立て(シーケンス制御)と機械加工(普通旋盤作業)、機械検査(機械検査作業)で、同校の生徒8人が3級に合格した。

 技能検定は、働く上で身につける技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、機械加工や建築大工など128職種の試験がある。

 電気機器組み立ては、指示された仕様に基づいて配線作業を行い、回路を完成させた後、プログラマブルコントローラにプログラムを入力して動作させるもの。機械加工は、普通旋盤を使用して材料2個に切削加工を施し、はめ合わせのできる部品を製作する。機械検査は外形マイクロメータ、ノギス、シリンダーゲージを用いた部品の寸法測定、三針法によるねじプラグゲージの有効径測定、外側マイクロメータの器差測定の三つの作業を行う。それぞれ知識を問う筆記試験も実施された。

 電気機器組み立てに合格した機械電気科電気コース3年の宮城良太君(17)は「実技試験は毎年出る傾向が分からなくて、いろんなパターンを考えて臨み、実力が出せてよかった。今後は電気工事施工管理技士なども取り、仕事に生かしたい」、機械加工に合格した同科機械コース2年の平良祐輝君(16)は「実技試験で部品に段差をつけるところが難しかった。今後は(機械加工の)2級にも挑戦し、頑張って合格したい」、機械検査に合格した同2年の河本康希君(同)は「昨年落ちてしまい、ことしは過去の問題を年度ごとに一から勉強した。夏のアーク溶接、冬の危険物取扱者乙種第4類の資格も取得したい」とそれぞれ語った。

 ことし3月に機械電気科電気コースを卒業した金城嵩(しゅう)さんが電気機器組み立て、同機械コースを卒業した髙木輝さんと世持束(つかね)さんが機械加工に合格した。

 在校生の合格者は次の通り。

 ▽電気機器組み立て(シーケンス制御)技能検定3級=新城英勇、宮城良太(以上機械電気科電気コース3年)、鳩間千佳大(情報技術科3年)

 ▽機械加工(普通旋盤作業)=請盛友樹、大城朝輝、平良祐輝、(以上機械電気科機械コース2年)高良俊成(同3年)

 ▽機械検査(機械検査作業)=河本康希(機械電気科機械コース2年)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム