八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

日本ほど自国が世界からどう見られ…

 日本ほど自国が世界からどう見られ評価されているか、そればかり気にする国はないように思う。テレビでは「世界が驚くニッポン!」など日本文化を称賛し海外の評価を強調する番組が増殖している。出版界もしかり▼国際社会の見方と日本が描く自画像のずれ。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ははるか遠く、もはや大国でも何でもない。「メイド・イン・ジャパン」の金看板を支えた名門企業は軒並み不祥事が続く▼「政・官」もしかり。お友だち優先に公文書改ざん、隠ぺい。セクハラ。これらの所業をただすべき政治は機能不全。日々の現実を世界に見られているのに「過去の栄光」にしがみついて離さない▼古来、陸続きで国境を接することのない島国ゆえか。自信喪失の一方で自意識過剰、等身大の自分を直視できない。これが日本のリアル▼石垣市はどうだろう。本年度施政方針も「人気上昇中の観光都市世界ランキング1位」と自賛している。確かに観光客はにぎわいをみせているが、ほかにやるべきことがあるのでは▼目をこらして現実を直視したらいかが。市町村別平均寿命で石垣市の女性は県内最下位、男性も下から2番目。働き盛り世代の早死にや自死が背景にある。これが石垣市のリアル。外の評価より、市民の生命と健康あってこそ。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム