八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

星野蘭、健闘準V 石垣・蘇澳鎮ヨット選手権

石垣市と台湾蘇澳鎮の選手が交流して開催された2018年第2回石垣・蘇澳鎮国際OP級ヨット選手権(IJYC・石垣ジュニアヨットクラブ提供)=3日午後、石垣港沖(IJYC・石垣ジュニアヨットクラブ提供)

石垣市と台湾蘇澳鎮の選手が交流して開催された2018年第2回石垣・蘇澳鎮国際OP級ヨット選手権(IJYC・石垣ジュニアヨットクラブ提供)=3日午後、石垣港沖(IJYC・石垣ジュニアヨットクラブ提供)

優勝は台湾の何兆思
 2018年第2回石垣・蘇澳鎮国際OP級ヨット選手権(IJYC・石垣ジュニアヨットクラブ主催)が3日、石垣漁港フィッシャリーナ沖の海域で行われ、台湾の何兆思(ホージャオエン、岳明小)が優勝、石垣勢の星野蘭(石垣小6年)が準優勝を飾った。  この日の石垣ステージは波高0・5㍍、南寄りの風9㍍。ホームの石垣チームは、星野が手堅い走りを守り、コンスタントに順位を上げた。  石垣ジュニアヨットクラブの前田博代表は「岳明小は体育の授業でもセーリングを行なっており、多くのライバルの中から選ばれた選手が参加。それに対して石垣は創設4年目と選手数が少ない中での2位は素晴らしい」と健闘をたたえ、「岳明小の選手らはルール違反の際に抗議できる勇気が素晴らしい。しっかりと自己主張していた。石垣は、まだまだ基礎技術の向上が必要。数年後には岳明小を追い越せるよう努力を継続していく」と意欲を語った。  結果は次の通り。  ①何兆思(岳明小)7㌽②星野蘭(石垣小6年)17㌽③王冠智(岳明小)17㌽④林榮(同)19㌽⑤合田光(石垣中2年)22㌽⑥林育誠(岳明小)39㌽⑦石原瑠一(大浜小4年)45㌽⑧歩華(真喜良小6年)58㌽⑨兪芊卉(岳明小)60㌽。
  • タグ: ヨット
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム