八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

非常食として家庭に一つはある「インスタント(即席)ラーメン」…

 非常食として家庭に一つはある「インスタント(即席)ラーメン」。ことし誕生から60周年を迎えるという▼即席ラーメンは1958年に日清食品が袋詰めの「チキンラーメン」を出したのが始まり。同食品創業者の安藤百福氏がおいしいこと、保存できること、調理が簡単なこと、価格が適正なこと、安全なこと—の五つを目標に開発したという▼それから60年。現在は袋詰めに加え71年に発売された「カップめん」も加わり、世界中で人気を集める。その消費量は2012年以降、世界で年間1000億食前後。国内に限れば1人当たり年間44・6食。週に1回弱の割合で即席ラーメンを食べている計算になる▼現在も各メーカーが世界を視野に商品開発にしのぎを削る。より本格的な生めんタイプは、作り方によっては店舗のラーメンに引けをとらない高品質の商品もあり、家庭で安価で、簡単にお店の味をあじわう楽しみも与えている▼即席めんで思い出すのが、筆者が高校時代に良く食べた市内のパーラーのラーメン。市販の袋詰めの即席めんで、具に菜っ葉と卵焼きが乗っただけのラーメンだったが、当時は何よりもおいしく感じたのを覚えている▼即席ラーメンの進化の歴史とともに育ってきた感がある筆者の世代。今後の深化が楽しみだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム