八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

郷土芸能の夕べ子どもの日芸能公演

子どもだけの芸能公演に臨み、日頃の練習の成果を示した光扇会・田場絹枝舞踊道場=29日午後、市民会館中ホール

子どもだけの芸能公演に臨み、日頃の練習の成果を示した光扇会・田場絹枝舞踊道場=29日午後、市民会館中ホール

元気いっぱいに芸能披露
子どもら160人が24演目

 5月5日の「こどもの日」を前に、子どもだけで八重山芸能の舞台に臨む「郷土芸能の夕べ子どもの日芸能公演」(同運営委員会主催)が29日午後、石垣市民会館中ホールで2部構成で開かれ、八重山の小中学生160人余が「鳩間節」「こっこーまめどれー」など計24演目で日頃の練習の成果を示した。

 同公演は八重山芸能のすそ野を広げ、後継者育成につなげることを目的とした恒例イベント。

 舞台は八重山古典民謡保存会・黒島章、山田武、慶田花貞吉、宜保琴美研究所の斉唱「でんさ節」で幕開け。色鮮やかな衣装に身を包み、舞台化粧を施した児童生徒は、大人顔負けの身のこなしで「高那節」や「まるま盆山節」、「海上節」などをエネルギッシュに披露。三線や笛、太鼓を担う地謡の子どもたちも自慢の音を響かせ、先人から受け継ぐ伝統芸能の世界へと誘った。

 全演目終了後、出演者総出での「安里屋ユンタ」で華やかに幕を閉じると、会場に詰めかけた観客からは温かい拍手が送られた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム