八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大型連休スタート 多くの観光客が続々来島

ゴールデンウイーク初日、南ぬ島石垣空港に到着した家族連れ=28日午後、同空港

ゴールデンウイーク初日、南ぬ島石垣空港に到着した家族連れ=28日午後、同空港

 5月6日までで最大9連休となることしのゴールデンウイークが始まった28日。南ぬ島石垣空港には、多くの観光客が胸を弾ませ降り立った。市内のホテルでは満室が相次いでおり、期間中、観光名所や離島は家族連れや観光客でにぎわうとみられる。初日は好天に恵まれ、行楽地には観光客や地元客らが繰り出した。気象庁の週間天気予報によると、向こう一週間の始めと終わりは、高気圧に覆われておおむね晴れる見込み。

 石垣空港はこの日、キャリーバッグを引く観光客らが目立った。長いフライトで少し疲れた表情も、空港玄関から海を望むと「石垣だ」と笑顔に変わった。

 東京都中野区から家族4人で訪れた40代男性は「石垣島は初めて。西表島のマングローブの川で、カヌーをこぐのを楽しみにしている。ツアーの予約が取れるといいのだけど」と顔をほころばせた。

 福岡市から来た40代女性は、家族4人で4泊5日の滞在。「7歳と4歳の息子たちはもずくが大好きなので、沖縄のもずくを食べさせたい。沖縄のきれいな海も息子たちにとっては初めて」と話し、子どもたちも「釣りがしたい!」と大はしゃぎ。

 北海道千歳市から来た30代女性は「石垣島に住んでいる弟夫婦を訪ねてきた。(現地で集合する)妹夫婦は、石垣島でフォトウエディングをする予定」と楽しみな様子だった。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム