八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

店の宣伝は二の次で、島らしい広告を考えて

 店の宣伝は二の次で、島らしい広告を考えてくれとの声がかかった。ホームセンター興南(現チャレンジ)を経営していた故上原秀人氏からだった▼「天気予報の欄に広告を載せたい。広告料は面積らしいね。広告料月○万円、条件はホームセンター興南の店名を末尾に入れること、あとの余白を埋めるのは君が考えろ」「ちょっと待ってください。このスペースは広すぎますよ」「だから、まかせると言ってるだろう」▼社で思案投げ首の体でいたら、校閲担当の故石盛利夫=石登志夫記者が歳時記をやろうと。そこでその案を持って伺った。この欄に時季折々の俳句と解説を入れてもいいですかと尋ねたら、まかせると言っただろうとそっけない。社に戻って石盛記者に「下手はできない。腹をくくって取り組んで」▼連載開始の数日後、どうですかと上原氏に尋ねてみた。「何とも言えない。読者が評価するだろう」とすげない▼ひと月後、広告料の集金で訪ねたら「客が喜んでいた。毎回切り抜いているそうだ。広告は続ける」とそれだけ▼上原氏の逝去で終了した歳時記広告は、その後、読者の投句をもとに八重山俳壇として継続、選者も石盛記者から伊良皆恵利子氏へバトンタッチ、選評付きで続いている。裏部屋もブーゲンビレア日和かな=石登志夫。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム