八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

はしかワクチン接種増加

市内では4月1~26日までに、暫定で470人もの市民らがワクチンの予防接種をしている(資料写真)

市内では4月1~26日までに、暫定で470人もの市民らがワクチンの予防接種をしている(資料写真)

市内7医療機関で470人
本土で感染拡大、在庫不足懸念も

 県内で猛威を振るっているはしか(麻疹)の予防手段とされるMR(麻疹・風疹混合)ワクチン、はしか単体ワクチンの接種人数が、市内7医療機関で4月1日から26日までに暫定値470人(自己負担151人、無料接種320人)と、増加している。医薬品卸売業関係者は、ワクチンは現段階では在庫が確保されているものの、今後、本土で感染が広がった場合は、「県内での確保が厳しくなるのでは」とみている。

 八重山保健所は、無料接種対象者や患者全体の約7割を占める20~40代にもワクチン接種を強く呼び掛けている。

 市の助成でワクチンを無料接種できるのは、定期接種の第1期(1~2歳)・2期(小学校入学前の1年間)、生後6カ月~1歳未満、第1期でワクチンを接種していない2歳以上の未就学児。それ以外は自己負担となる。

 市内では4月以降、成人者からの問い合わせや実費でのワクチン接種が増える一方、医療機関にワクチンを卸している医薬品卸売業の関係者は「県内の他市町村と比べ、ワクチンを打つ人は少ない気がする」と指摘する。

 はしかは、沖縄旅行中の10代男性=名古屋市=が感染後、愛知県でも感染が拡大。感染を警戒して本土でもワクチンの接種が増えている。

 同関係者は「現段階でワクチンの在庫が確保できている」とし、「本土でMRワクチンの需要が高まった場合、県内での確保が厳しくなるのでは」と不安視。はしか単体のワクチンは全国的に数が少ないが、MRワクチンは確保しやすい状況にあり、今後は全国的なワクチンの流通に注視する必要があるという。

 八重山保健所は、はしか患者に接触した場合、72時間以内にワクチンの接種をすることで100%ではないが「発症を抑える効果もある」としている。

 乳児がはしかにかかった場合、ウイルスによってまれに発症するSSPE(亜急性硬化性全脳炎)を懸念。脳炎が数年かけゆっくりと進行し読み書きや歩行困難、寝たきりになることもあるという。治療法は確立されていない。保健所の担当者は、はしかのワクチン接種歴を母子手帳で確認し、1回接種者、未接種者、1978年以前の出生者にもワクチン接種を積極的に勧めている。

 感染力の強いはしかは、人から人へ空気感染し、県内で3月下旬から流行、県は26日までに74人のはしか患者を確認。25日には宮古島市で30代男性の患者も確認された。

 GW期間中、外来接種を実施する医療機関はそれぞれ異なるが、ほとんどで5月1、2日に予約制でワクチン接種の対応を行う。

  • タグ: はしか
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム