八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

瀬名波さんが初優勝 

第28回高雄市長盃GG大会で総合優勝した瀬名波長宏さん=25日午後、八重山毎日新聞社

第28回高雄市長盃GG大会で総合優勝した瀬名波長宏さん=25日午後、八重山毎日新聞社

台湾高雄市長盃Gゴルフ
大逆転で国際大会制す

 台湾の高雄市で開催された第28回高雄市長盃グラウンドゴルフ(地面高爾夫球友宜)大会で、石垣市から出場した瀬名波長宏さん(81)が初優勝を果たした。

 大会は8ホール3ラウンドの合計打数で競われ、瀬名波さんは2Rを終え、首位と7打差。しかし、最終3Rでホールインワンを含む15打で回り、大逆転。初の国際大会優勝を遂げた。

 瀬名波さんは同大会に、2001年の初出場以来、5度出場。これまでの最高順位は5位。「80歳を過ぎ、体力的にもこれで最後のつもりで出場したが、グラウンドゴルフ(GG)の神様は見捨てなかった」と優勝を喜んだ。

 台湾の大会は日本の大会とは違い、打順が固定されたり、同じ距離のホールが連続する独自のルール。さらに、グラウンド状態も悪く芝はほとんど無い。

 他の石垣からの参加者らがスコアを伸ばせないなかでの優勝に「もう少し頑張ってみようという気持ちが出てきた。これからも八重山のGG発展のため尽力したい」と思いを述べた。

 GGは日本発祥だが、台湾では約30年ほど前に広まり、全土で盛んに行われている。大会には台湾各地から210人が出場。石垣市からは16人が出場した。

 石垣市から出場者の主な結果は次の通り。

 1位=瀬名波長宏(59打)、13位=東盛稔(64打)、17位=友利聡(64打)、37位=桑江弘子(67打)、49位=唐真盛充(68打)

  • タグ: グラウンドゴルフ台湾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム