八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

肉体美で新里さん優勝 11月の日本大会出場権獲得

ベストボディ・ジャパン2018那覇大会で優勝した新里翼(右)。左は日本代表の戸沢ジェロームカール(ビルパニ提供)

ベストボディ・ジャパン2018那覇大会で優勝した新里翼(右)。左は日本代表の戸沢ジェロームカール(ビルパニ提供)

ベストボディ・ジャパン那覇大会

 健康的でバランスの取れた肉体美を競う「ベストボディ・ジャパン2018那覇大会」(ベストボディ・ジャパン協会主催)が22日、宜野湾市民会館大ホールで開催され、フレッシャーズクラス(18~29歳)で、石垣市登野城の新里翼(28)が優勝を飾った。16年の第1回大会優勝の外間博也(28)=市登野城出身=に続き2代目の覇者となった。

 新里はトレーニングジム「ビルパニ」を経営。大会前3カ月間を調整期間に設定し、営業後のトレーニングや食事を管理。「量ではなく質を変える。いかに無理なく生活習慣を改善していくか」と、禁欲的ではない方法で8㌔の減量に成功した。

 大会では、筋肉のバランスの良さが評価され、文句なしの満点(300点)。同クラス日本代表の戸沢ジェロームカール=埼玉県=ら有力候補を抑えて栄冠を勝ち取り、11月の日本大会の出場権を得た。

 新里は「周りに競技者や指導者が誰もいない孤独な挑戦で、気遣ってくれた同級生の外間の存在がモチベーションだった。ジムの会員や家族にも支えられた」と感謝する。

 市のスポーツ推進委員として健康づくりの講演活動なども行っており、「地域の医療費削減や生活習慣病の改善に取り組み、健康づくりと元気を石垣市の文化にしたい」と意欲を語った。

  • タグ: ベストボディ・ジャパン那覇大会新里翼
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム