八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マジェスティック・プリンセス初寄港

石垣に初寄港した過去最大の大型客船「マジェスティック・プリンセス」=20日午前、浜崎マリーナから撮影

石垣に初寄港した過去最大の大型客船「マジェスティック・プリンセス」=20日午前、浜崎マリーナから撮影

歓迎セレモニーでクエッグ・ストリート船長(中央)に花束と記念品を贈ったミス八重山南十字星の浦内栞さんと漢那政弘副市長(右から)=20日午前、船内(八重山ビジターズビューロー提供)

過去最大のクルーズ船
14万3千㌧、乗客3986人来島

 プリンセス・クルーズ社(米国)の最新大型客船「マジェスティック・プリンセス」(英国船籍、総㌧数14万3000㌧、全長330㍍)が20日、石垣に初寄港した。寄港客船で過去最大、乗客も最多の3986人が訪れた。

 マ号は同日午前7時ごろ入港。浜崎町の石垣港F岸壁は7万㌧級までが接岸対象で、石垣島と竹富島間の沖合にある検疫錨地に沖泊まり。乗客は自船のテンダーボート(100人乗)で、ユーグレナ石垣港離島ターミナルから上陸した。

 初寄港に合わせて石垣市は船内で歓迎セレモニーを行い、漢那政弘副市長とミス八重山南十字星の浦内栞さんがクエッグ・ストリート船長に花束と記念品を贈った。船は同日夕、発着港の台湾基隆(キールン)向け出港した。

 マ号は同社初の中国人向け豪華客船として昨年3月30日に就航。国内では同7月に横浜港へ初入港。石垣への寄港は合計14回を予定している。

  • タグ: クルーズ船
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム