八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

OCVB 日本版DMOに登録

DMO法人登録証を受け取った沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長(中央)=18日午前、沖縄総合事務局

DMO法人登録証を受け取った沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長(中央)=18日午前、沖縄総合事務局

世界基準の観光地目指す

 【那覇】国が地方創生の一環として打ち出す日本版DMO(観光地域づくり推進法人)に沖縄観光コンベンションビューロー(平良朝敬会長、OCVB)が登録され、登録証授与式が18日、那覇市の沖縄総合事務局で行われた。登録証を受け取った平良会長は「広域な地域なので離島など観光格差がある。沖縄全体が潤うようなことをやっていきたい」と意欲を示した。今後は、登録された法人や関係団体に対して、関係省庁が連携して支援を行い、日本版DMOを核とした観光地域づくりを推進していく。

 日本版DMOは「広域連携DMO」、「地域連携DMO」、「地域DMO」の三つからなる観光地域づくりのかじ取り役となる法人。観光庁では、2020年のオリンピックが開かれる年までに全国で世界水準を満たすDMO100団体の組織を目標に掲げる。これに伴い同庁では、日本版DMOとなりうる候補法人を登録する制度を2015年11月に創設。県内では北谷ツーリズムデザイン・ラボが地域DMOにすでに正式登録されており、今回のOCVBの登録で県内で二つ目のDMO法人となった。八重山ビジターズビューロー(YVB、会長・中山義隆石垣市長)は現在、地域連携DMOの候補法人として登録されている。

 OCVBが登録されたことで、広域連携DMOは、候補法人も含め10法人となり北海道から沖縄まで日本全域をカバー。観光による地方創生を目指す。

 OCVBでは、DMO登録にあたり、経営推進室を設置。地域の稼ぐ力を引き出すマーケティング、多様な関係者との関係構築のためのマネジメント、受け入れ環境整備のためのマネジメントを3本の柱に、世界水準の観光リゾート地を目指し、県民所得向上に寄与していくとしている。

  • タグ: 観光
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム