八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

WAONカードを贈呈 教職員の勤怠管理に活用

当地WAONカードを活用した教職員の勤怠管理開始に伴い、イオン琉球㈱の佐方圭二代表取締役社長(中央右)から同カード500枚の目録を受け取る石垣安志教育長(同左)=17日午前、市教委

当地WAONカードを活用した教職員の勤怠管理開始に伴い、イオン琉球㈱の佐方圭二代表取締役社長(中央右)から同カード500枚の目録を受け取る石垣安志教育長(同左)=17日午前、市教委

イオン琉球が市教委に

 石垣市教育委員会(石垣安志教育長)がイオン琉球㈱(本社・南風原町、佐方圭二代表取締役社長)発行のご当地WAONカードを活用した勤怠管理システムを本年度から全25小中学校で開始するのに伴い、17日午前、市教委で贈呈式が開かれ、佐方社長が石垣教育長に同カード500枚の目録を手渡した。石垣教育長は「勤務時間の適正管理を実現し、労働環境や安全衛生管理体制の整備、充実を図ることで教職員の健康安全に努めていきたい」と述べた。

 市教委によると、教職員の勤怠はこれまでは出勤簿への押印と、教員自ら週案に出退勤時間を書き込み、教頭が管理していた。

 同システムの導入で▽出勤▽退勤▽外出▽戻り—の四つの選択肢で打刻ができるソフトウエアとICカードリーダー、同カードを使ってより正確な時間が把握できるようになる。

 ソフトウエアは1個当たり約5000円、カードリーダーは約3000円で、全25校を合わせても20万円程度と低コスト。ソフトウエアは100日間無料で、6月まで学校現場で試行し、7月から本格的に運用する計画だ。

 同カードは、利用金額の一部を同社が各自治体や法人などに寄付し、地域の環境保全や観光振興に役立てられており、勤怠管理だけでなく日々の買い物にも利用することで、石垣市の環境保全や人材育成などに生かされる。

 同社によると、教職員がもともと持っているWAONカードの使用も可能という。

 同カードを活用した勤怠管理は、昨年10月に初めて豊見城市が導入。本年度は南風原町、恩納村、糸満市、金武町も導入を決定しており、石垣市は6番目。

 佐方社長は「教職員の皆さまの労務管理、働き方改革など本質的な部分に協力できる部分はないが、環境整備という意味でカードを贈呈させていただき、お役に立てれば」と述べた。

  • タグ: WAONカード石垣市教育委員イオン琉球
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム