八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

パクチーは好みがはっきり分かれる。中国名…

 パクチーは好みがはっきり分かれる。中国名香菜(シャンツァイ)。与那国でクシティと呼ぶそれは他産地より香り高いという。量産して各国からのクルーズ船客に提供すればきっと喜ぶはず▼八重山そばに欠かせない、みんなが大好きピパーツ。その辛み成分であるピぺリンに血圧を下げる効果があるそうだ。製薬会社が血圧改善機能に関する特許を取得した▼長年、県民から悪者扱いされてきた「ヤギ汁=高血圧説」。無実であることが琉球大学などの研究で明らかになった。ピパーツの香りを添えればもっといいかも▼その山羊が大好物の桑の葉。浦添市では桑を活用した特産品を絶賛売り出し中だ。産官学連携による研究で血糖値抑制、糖尿病予防の効能があることが売り。葉のお茶や実のスイーツ、泡盛とのコラボなど商品展開も実に多彩▼ところ変わって八重瀬町では農家の嫌われものサシグサ(タチアワユキセンダングサ)の商品化に取り組んでいる。県産業振興公社のベンチャー企業支援事業に認定され、化粧品のほか食品化を図るという▼石垣市も多種多様な薬草、ハーブなどを命草(ぬちぐさ)と呼び利活用を図っているが、個人や事業者の努力頼みの感がぬぐえない。せっかくの「資源の宝庫」である。ぬちぐさならもっと大切に活かしたい。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム