八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

市指定のごみ袋(青ラベル)に入ったごみが

 市指定のごみ袋(青ラベル)に入ったごみが基幹農道に落ちていた。中身はペットボトルで回収車から誤って落ちたに違いない。車の往来の多い箇所なので草むらへ寄せて置いた。次回の回収で気づくように周りの草を払っておいた。案の定、回収してくれた▼ただ、これが市指定の袋以外であったらどうなったのだろう。近年、資源ごみは、指定袋でなくても中身がみえる透明袋であれば回収車は持って行ってくれる。しかしこれが落ちてしまうと、善意で道路側に寄せて置いても、落としたはずの回収車からも投棄ごみに間違われて放置されてしまうのでは▼笑えない話もある。回収車からの落下を目撃した散歩中の男性が路上は危ないからと袋を持ち上げ草むらへ寄せようとしたら後から通りかかった車の運転手に「こんな所にごみを捨てるな」と罵声を浴びせられたという▼以後男性は「触らぬ神にたたりなし、道路のごみはほっとくに限る」と友人知人にぬれ衣への怒りをぶちまけている▼最近島の道路には、回収車から誤って落ちたごみに負けず劣らずのごみ入りポリ袋がよく投げ捨てられている。誰かが片付けてくれると信じているのか多種多彩なポイ捨ては後を絶たない▼対抗するには、有志と役所で拾いまくるしかないが、拾った後の仕分けや置き場所、回収が課題。手だてはないか。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム