八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

早野、伊良部選手がトレセン選出 日本サッカー協会

2018年沖縄県トレセン選手に選出されたIFTフットボールクラブの早野太陽(右)と、FC琉球石垣の伊良部綾大(左)=12日夕、真栄里公園

2018年沖縄県トレセン選手に選出されたIFTフットボールクラブの早野太陽(右)と、FC琉球石垣の伊良部綾大(左)=12日夕、真栄里公園

早野=抜群のボール技術
伊良部=前線突破と決定力

 日本サッカー協会が青少年の逸材発掘と育成強化を図る、2018年沖縄県トレセン(トレーニングセンター)選手のU—12(12歳以下)と、U—11(11歳以下)選手に、IFTフットボールクラブの早野太陽(大浜小6年)と、FC琉球石垣の伊良部綾大(平真小5年)がそれぞれ選出された。2人は年間を通して沖縄本島で行われるメンバー合同トレーニングに参加し、高いレベルで技術を磨く。

 早野は17年のU—11に続き2度目の選出。ボールコントロールの技術が評価され、昨年は初めて韓国に派遣されて国際試合も経験した。「県はレベルが高い。本島のみんなについていけるよう頑張りたい。ボールを持ったときの判断を早めたい」と抱負。IFTの山盛慶心監督は「サイズがないなかでも、トレセンの監督が求めることに応えていければ伸びる。まだ育成選手。自由に」と背中を押した。

 フォワードの伊良部は、前線突破と決定力が評価された。前線で守備の壁を1、2枚は破って積極的に相手ゴールに向かう。FC琉球の古賀鯨太朗監督は「周りと比べて意欲が高く、常にどうすればゴールを奪えるか考えて練習に取り組んでいる」と期待を寄せた。

 4月初旬に沖縄本島で行われたセレクションでは「地元とはレベルが違う」と感じ、選ばれるとは思わなかったが、「得意は伸ばし、苦手もつぶしたい。プロで世界でも通用する選手になりたい」とつかんだチャンスに闘志を燃やした。

  • タグ: サッカー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム