八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

森の中 幻想的な光 ヤエヤマヒメボタル乱舞

幻想的な光を放つヤエヤマヒメボタル=9日午後7時45分ごろ、西表島白浜(3分間露光)

幻想的な光を放つヤエヤマヒメボタル=9日午後7時45分ごろ、西表島白浜(3分間露光)

 【西表】西表島ではヤエヤマヒメボタルが見ごろを迎えている。ヤエヤマヒメボタルは、体長5㍉ほどの日本最小のホタルで、9日は日没後の午後7時30分ごろから、輝き始め約30分間、光のショーが見られた。

 飛行力が弱く、地面に近いところをゆっくり飛ぶため、森の中は光のじゅうたんを敷き詰めたような幻想的な世界が広がった。

 ホタルを見るため、西表島を訪れたという千葉県の千葉遥加さん(27)は「まるでクリスマスのイルミネーションのよう。自然がつくり出す光に感動しました」と話した。

 西表島での見ごろは今月20日ごろまで。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム