八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新庁舎建設費を可決 石垣市議会臨時会

新庁舎建設費39億852万円を追加する2018年度一般会計補正予算案に起立して賛成する与党(右側)と野党の一部(左側)=9日午前、本会場

新庁舎建設費39億852万円を追加する2018年度一般会計補正予算案に起立して賛成する与党(右側)と野党の一部(左側)=9日午前、本会場

野党3氏が賛成に回る 一般会計補正予算案 地元優先発注など条件

 石垣市議会(知念辰憲議長)の臨時会が9日開かれ、新庁舎建設費39億852万円を追加する総額304億5600万円の2018年度一般会計補正予算案を与党と一部野党の多数で可決した。3月定例会では、建設費を全額削除する修正案を野党の賛成多数で可決したが、野党の3氏が「予算の縮減」「地元優先発注」などを条件に賛成に回った。これで予算不成立による事業進捗(しんちょく)への影響はなくなった。当局側は今後、建築確認申請や入札など準備を進め、6月定例会で工事請負契約案の提出を目指す。

 採決に先立ち、知念永一郎総務部長が、基本構想時の概算建設費50億円から現段階の約77億円まで増えた理由を説明。ヘリポートと有料職員駐車場の確保、津波一時避難所としての機能の追加、会議室・書庫の充実、100年の使用に耐える耐震強度1・5倍の庁舎計画などによる敷地面積・延べ床面積の拡大、資材・人件費の高騰などによる社会情勢の変化を挙げ、「費用がかかりすぎる指摘があるので費用対効果を意識し、入札執行残などあらゆる経費の縮減に努め、最小の経費となるよう予算執行に当たりたい」と理解を求めた。

 本会議には石垣涼子氏が欠席したため、10対10で与野党同数となったが、採決では箕底用一、仲嶺忠師、小底嗣洋の3氏が賛成した。

 賛成討論で箕底氏は「地元優先発注を条件として賛成する」、仲嶺氏は質疑で「指名競争をすれば地元業者がとれる」などと述べた。入札方法について漢那政弘副市長は「一般競争入札だと地元がとれないということはない。条件付きもある。まだ決定していないので答弁できる状況ではない」と述べ、早急に入札方法を検討する考えを示した。

 一方、反対討論で福島英光氏は「3月議会でもう少し検討してもらいたいとお願いした。市民からも高すぎるという意見を大きく聞いている」、崎枝純夫氏は「これ以上膨らむことが予想される。異常な予算。市民感覚では受け入れられない」と訴えた。

 小底氏は取材に「事前に新庁舎建設室に資料を要求し、説明を受けたところ、一時避難所や耐震強度1.5倍など新しく取り入れたため予算が膨らんでいる。市民のためにはいいこと、否定する必要はないと判断した」と述べた。

  • タグ: 石垣市議会新庁舎
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム