八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

愛情と努力、島の食卓支え

 ▽…オープンから7年目を迎えたゆらてぃく市場。島でとれた新鮮野菜を消費者に提供し続けてきた。野菜を提供する会員も1年目の200人から650人と3倍以上に。会員第1号で生産者会会長を務める東山盛一さんは、夜明け前の午前3時に畑で収穫していたら、パトロール中の警察官に泥棒と間違えられたことも。野菜への愛情とたゆまぬ努力が、島の食卓を支えている。

 ▽…9日から始まる入学式シーズンを前に、直前の土曜日にあたった7日、石垣市内の学校制服取扱店は受け渡しの作業に追われた。スポーツキャンパスクニナカでは、新1年生に加えて、制服を新調する生徒も。石垣中2年の栃木海璃君(13)は「テニス部に入っている。サーブの確率を上げて、中体連の県大会で上位になりたい。学力ももっと上げたい」と意欲十分。制服と同様、新たな気持ちで飛躍を。

 ▽…中山義隆市長の2015年度分住民税所得割納付の有無をめぐり、市議会で議論が続いている。3月28日には中山市長が会見し、「納め過ぎた14年分の特別徴収分から所得割に充当された」と説明、7日には野党市議団が「制度上ありえない」と反論するなど、収束する気配はない。市民もどちらの主張に正当性があるのか判断に迷うだろう。そろそろ決着を。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム