八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

4製糖工場で上方修正 キビ収量

生産量を10万㌧余に上方修正し、フル稼働する石垣島製糖=5日夕

生産量を10万㌧余に上方修正し、フル稼働する石垣島製糖=5日夕

15年ぶりに10万㌧超へ

 郡内5製糖工場のうち、石垣、西表、波照間、与那国の各工場で2017/18年期の生産量が当初計画量を上回る見通しとなっている。石垣島製糖では当初計画の9万1815㌧から1万㌧上方修正し、12万㌧を記録した02/03年期以来、15年ぶりに10万㌧を超える見込み。累計平均甘しゃ糖度は5日時点で、15・1度(波照間製糖)~12・6度(与那国町製糖工場)で推移。一方、1、2月の降雨や生産量の増産で操業期間が延び、各工場とも4月中旬から下旬の操業終了を予定している。

 各工場の5日時点の操業実績は石垣島製糖が原料搬入量が8万2871㌧、甘しゃ糖度13・6度。西表糖業は1万279㌧、14・4度、JAおきなわ小浜製糖工場が3751㌧、14度、波照間製糖が1万1397㌧、15・1度、与那国町製糖工場が4358㌧、12・6度となっている。

 今期の最終的な生産量は、石糖が当初計画を1万㌧上回る10万2000㌧、波照間が1000㌧増の1万2300㌧、西表が300㌧増の1万1800㌧、小浜が当初並みの4030㌧、与那国が600㌧増の約5000㌧を見込んでいる。

 増収について各工場の担当者は▽10㌃当たりの単位収量の増加▽昨年の台風による大きな被害が無かった—ことを理由に挙げている。

 また、波照間では日照時間の延びで、3月下旬ごろから甘しゃ糖度が上昇。原料品質も良いという。

 操業期間の延長については、各地で多雨によりハーベスターが稼働できない日が続いたことや生産量の増産などで、ある担当者は「うれしい悲鳴だ」と話していた。

  • タグ: キビ収量
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム