八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一方的な作業に不信感

 ▽…石垣市の風景計画・景観地区変更原案の縦覧が開始された6日、川平公民館の高嶺善伸館長ら役員は早速閲覧した。3日夜の説明会では反対意見が相次ぎ、市の担当部長が「持ち帰って整理し、上司に伝えたい」と話していただけに「説明会と同じ内容の原案。がくぜんとした」という。計画を作った10年前の作業に比べ、「市民の声に耳を傾けない一方的な作業」と不信感を募らせた。

 ▽…市内のほ場で、ことしの葉タバコの収穫が3月末ごろから始まり、収穫は順調。ところがこの1カ月間は雨が少なく干ばつ気味。スプリンクラーで散水したが、夏を思わせる日照り続きで日焼けした葉も。そのため収穫作業は日が照る午後の時間帯を避けて朝方や午前中に行っている。どの栽培農家も「雨が降ってほしい」と雨を心待ちにしている。

 ▽…㈱ハブクリエイトが1日から、指定管理を行っている大浜信泉記念館。同社の喜納正雄代表取締役は展示室の来場者を増やせるようにPRして、石垣市の偉人を広く知ってもらいたいと意気込む。児童生徒の展示室利用はというと、そう多くはないようで「来てもらえるように頑張りたい」と話す。小中高校の郷土学習の一環で利用してみてもいいのではないだろうか。教職員の皆さん、ぜひ検討を。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム