八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

21日に暫定供用開始

21日から暫定供用されるクルーズ船専用岸壁を視察する市議会観光振興対策特別委員会の委員ら=5日午前、南ぬ浜町

21日から暫定供用されるクルーズ船専用岸壁を視察する市議会観光振興対策特別委員会の委員ら=5日午前、南ぬ浜町

クルーズ船専用岸壁
交通混雑予想で緩和策も

 南ぬ浜町(石垣港新港地区)のクルーズ船専用岸壁は21日、クルーズ船の寄港に合わせて暫定供用される。同日午前9時に入港、同午後7時に出港する。市は3月末までに岸壁の後背地に道路や、大型バス50台、タクシー31台、一般車両10台を収容できる駐車場を整備した。個人客に対応するため東運輸㈱が有料のシャトルバスを、駐車場|ユーグレナ石垣港離島ターミナル間で運行する。サザンゲートブリッジで混雑が予想されることから、八重山署が出入り口の信号の時間を調整して緩和策をとる。市の担当課が5日、市議会の観光振興対策特別委員会(箕底用一委員長、10人)に説明した。

 シャトルバスは、入港後30分~1時間以降に運行を開始、時間を設定せず、集客次第、随時運行する。3台程度と想定しているが、船の規模や乗客の数に応じて決定する。入港後2~3時間は頻繁に運行されるとみられる。出港の1時間前には、離島ターミナルから運行する。

 サザンゲート入り口の信号は、ゲートから通行する際の青信号の時間を現行10秒から20秒に延長して対応する。

 駐車場にはコンテナを2基設置し、観光案内所を開設。1基にはクーラーを整備する。

 こうした受け入れ対策について、関係団体で組織する市クルーズ船受入連絡協議会が10日、現地視察を行い、対応を再確認する。  今回暫定供用される岸壁は295㍍(水深9㍍)で7万㌧級に対応できる。市港湾課は「これまで使っていたF岸壁は荷役作業中に乗客が降りていたが、専用岸壁ができたことで乗客の安全性が確保される」としている。

 同課は今後、F岸壁では原則、クルーズ船の寄港を認めないが、オーバーナイトのクルーズ船などの寄港の際は「新港地区だとアクセスが良くない」として荷役業者と調整してF岸壁を使用する考え。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム