八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交通事故が348件発生 1~3月末

石垣市真栄里の交差点で発生した物件事故=5日夕(資料写真)

石垣市真栄里の交差点で発生した物件事故=5日夕(資料写真)

レンタカー関連は39・1%
八重山署管内

 2018年度春の全国交通安全運動が6日から始まる。八重山署(与那嶺一文署長)によると、ことし1月から3月末までの管内の交通事故は348件(前年同期比7件減)で1日平均約3・8件発生。このうち、単独事故が169件と全体の48%を占めた。同署は「わき見などをせず、進行方向をしっかり確認して運転を」と注意を呼び掛けている。

 発生場所別で見ると、駐車場が131件、交差点が92件、単路が80件。様態別でみると出合い頭の衝突が51件で最多、追突が28件。

 飲酒運転検挙数は前年より5件増え、22件。飲酒がらみの事故は、地元住民が酒を飲んだ会合の帰りに車を運転し、前方車両と追突する物件事故が1件起きている。

 レンタカーを第一当事者とする事故は136件で、全体の39・1%。観光客の増加に伴い前年同期を20件上回っている。

 人身事故は前年より4件減って16件で、重傷が4件、軽傷が12件。出合い頭の車両同士の衝突によるものが4件で、道路横断中の歩行者との衝突が3件だった。

 高齢者が第一当事者となる事故が66件あった。

 同署交通課は「安全確認をしっかり行ったうえで、思いやりの気持ちと余裕を持って、譲り合いながら運転してほしい」と呼び掛けている。

  • タグ: 交通事故
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム