八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

住民との対話、対応に注目

 ▽…市の景観計画の見直し原案をめぐり、川平集落北側で計画している米国のマリオット社が直営する高級リゾートホテルの建設を担う石垣島産業開発㈱が、これまでの沈黙を破って取材対応した。計画緩和で施設は防災機能として現行の2階建てから7~8階に引き上げ、27~30㍍に高層化する考えを明かした。同社は「住民と膝を交えたい」と対話のボールを投げた。川平公民館の対応に注目だ。

 ▽…南ぬ浜町でのクルーズ船専用岸壁の供用開始に向けた対応を確認するため5日開催された市議会の観光振興対策特別委員会(箕底用一委員長、10人)には、与党委員3人全員が欠席した。出席した野党委員からは「駐車場に車があるのにおかしいな」「新庁舎建設費を削除した野党への意趣返しか、それともボイコットか」などと臆測が飛び交った。

 ▽…70歳以上のプレーヤーが出場する古希軟式野球大会に、初参加する「八重山ヤングボーイズ」。選手のほとんどは、還暦や実年チームでプレーする現役。ルールも年齢に合わせ塁間距離などは学童野球と同じ。古希選手予備軍として69歳の選手登録も認められているが、バッテリーは70歳以上。全国大会は20年の歴史がある。古希を迎えても白球を追う。青春そのものだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム