八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

名蔵 結の里に巨大シーサー 

石垣市名蔵の就労継続支援A型事業所「結の里」の利用者らが造る巨大シーサー=2日午後、同事業所

石垣市名蔵の就労継続支援A型事業所「結の里」の利用者らが造る巨大シーサー=2日午後、同事業所

利用者らが商品で製作 新しい産業に意欲

 石垣市名蔵の就労継続支援A型事業所「結の里」(野口渉代表、利用者7人)の利用者らが、高さ約4㍍、幅3・5㍍、重さ約5㌧の巨大シーサーを商品として製作している。野口代表は「新しい産業として盛り上げていきたい」と展望を語った。

 巨大シーサーは背中に入り口があり、海や空の絵が施された内側に入る事ができる。また腹部に三つある穴から顔を出して記念撮影を楽しめる。材質はコンクリートで、製作期間は約2カ月。設計やデザインは野口さんが行った。

 野口さんの妻・美奈子さんは「利用者も楽しみながら就労できるし、それぞれの特性を生かせる。A型施設でこういうものが作れる、というアピールになれば」と語った。

 同事業所は「今後はシーサーだけでなく、いろいろな立体を製作していきたい」と意欲を燃やしている。問い合わせは同事業所(82-8020)まで。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム