八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

月額6195円に決定 竹富町介護保険料

第7期 65歳以上(第1号被保険者)の介護保険料(竹富町)

第7期 65歳以上(第1号被保険者)の介護保険料(竹富町)

前期から440円引き上げ

 竹富町は、第7期(2018~20年度)介護保険事業計画の中で、65歳以上の第1号被保険者が納める介護保険料を基準月額(所得段階5)で、前期から440円引き上げ、6195円(年額7万4340円)に決定した。町は、引き上げの理由について「高齢者の増加に伴い、要介護認定者が増えるため」としている。3年間に同被保険対象者が負担する必要額は、合計1億6848万円を見込んでいる。

 竹富町は、ことし2月時点での高齢者(65歳以上)922人から、20年度は991人に増えると試算。支援の必要な要介護認定者192人のうち約半数の92人が要介護3以上と予測している。

 保険料の引き上げについて▽第1号被保険者の負担割合が22%から23%への引き上げ▽介護報酬の改定▽消費税の増税▽高齢者の増加—を理由に挙げ、第7期でデイサービスや訪問介護などのサービス量増加も見据えている。

 町は、準備基金5000万円を取り崩し同被保険者の負担軽減に充てた。

 3年間の標準給付見込み額は10億3992万円、介護予防などの地域支援事業費は1億5431万円としている。

 保険料の設定は、竹富町第8次高齢者保健福祉計画・第7次介護保険事業計画の策定委員会(会長・竹富町社会福祉協議会東舟道博昭事務局長、委員14人)が見える化システムや過去の実績を基に算出した。

 事務局の町福祉支援課の担当者は「第7次は、今まで以上に介護予防に力を入れ、地域住民の協力を得ながら介護サービスの体制を整えたい」と話している。

  • タグ: 竹富町介護保険料
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム