八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

15農家に認定証交付 エコファーマー

エコファーマーの認定を受けた農家ら=27日午後、八重山農林水産振興センター4階会議室

エコファーマーの認定を受けた農家ら=27日午後、八重山農林水産振興センター4階会議室

県が生産計画など支援

 「持続性の高い農業生産方式の導入に関する計画」を認められた「エコファーマー」の2017年度第2回認定式が27日午後、八重山農林水産振興センターで行われ、JAおきなわ八重山地区営農振興センターマンゴー生産部会の全会員など15戸の農家が県から認定を受けた。

 同認定制度は、「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき、県が農家の計画を認定し支援する制度。

 農家は▽有機資材による土づくり▽化学肥料の窒素成分3割程度低減▽化学合成農薬の3割程度低減—など、環境にやさしい生産方式を組み合わせた5カ年計画を策定。生産した農産物に認定シールをつけて販売することで、信用性をPRすることができる。

 同部会のうち、㈱川平観光農園(池村多喜美代表取締役)はマンゴー、シークヮーサー、サトウキビの3品目で、友利和博さんはマンゴーとパインアップルの2品目の計画で認定を受けた。小村義信さん、智子さん夫婦は再認定を受けた。

 認定式では竹ノ内昭一所長が、出席した8人に認定証を手渡し、「エコファーマーの申請は、強い決意を持って自ら難しい道を選ぶということ。八重山の農業のけん引役として引き続き頑張ってほしい」と激励した。

 同部会の仲本長照部会長は「認定を受けこれからがスタート。安心安全で品質にばらつきのないマンゴーを一致団結して生産し、全国へ八重山のマンゴーをアピールしていきたい」と意気込んだ。

 県内では526人、八重山郡内では23人がエコファーマーの認定を受けている。

  • タグ: エコファーマー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム