八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表製糖工場内 集中脱葉施設が完成

集中脱葉施設の落成を祝いテープカットを行う関係団体代表ら=26日午前、西表糖業工場敷地内(竹富町商工会提供)

集中脱葉施設の落成を祝いテープカットを行う関係団体代表ら=26日午前、西表糖業工場敷地内(竹富町商工会提供)

農家の手刈り作業負担軽減 人手不足解消も期待 竹富町物産観光振興公社が整備 

 ㈱竹富町物産観光振興公社(上勢頭保会長)が西表製糖工場敷地内で昨年10月から整備してきた集中脱葉施設が26日完成し、同日午前、同所で関係者が出席して落成および稼働式が行われた。施設の処理能力は1日100㌧。稼働により農家の手刈り作業の負担軽減、人手不足の解消が見込まれる。

 施設は一部中2階の平屋建てで、延べ床面積は645.85平方㍍。事業費は4億6000万円。葉や泥などサトウキビの不純物を除去する脱葉処理装置や、除去した葉がらを梱包(こんぽう)するためのトラッシュ梱包装置などを備える。トラッシュ梱包の処理能力は、1時間あたり518㌔。

 落成式では、西大舛髙旬竹富町長や西表糖業㈱、西表島さとうきび生産組合、設計や建設を担当した会社、沖縄振興開発金融公庫八重山支店など関係団体の代表10人がテープカットを行い、施設の完成を祝った。

 式後の直会で上勢頭会長は「生産農家や地域から愛され、活用され続ける施設として竹富町の発展に寄与してほしい」とあいさつ。

 西大舛町長は「農家の負担が大幅に軽減され、今後は収穫面積の拡大と10㌃当たり収量増、後継者育成を図るなど、さらなる発展に向けて明るいきざしが見えてきた」と施設完成を喜んだ。

 西表豊原の農家・友利良太さん(37)は「アルバイトを雇っても人手が足りない現状なので、人手不足の解消をとても期待している。生産量が安定したり、負担が軽くなる事で、離農の歯止めになってくれれば」と語った。

 竹富町商工会の米城智次所長は「町商工会が筆頭株主となり、離島の課題解決を主眼に設立した町物産観光振興公社が、今回のような課題解決に向けて革新的かつ迅速に、全力で対応できたことを、支援機関として誇りに思う。本案件が他の県内離島の課題解決のヒントになれば幸い」と語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム