八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学校の卒業式ピーク 八重山

新川小学校の卒業式で、佐事安弘校長から卒業証書を受け取る卒業生(左)=22日午前、同校体育館

新川小学校の卒業式で、佐事安弘校長から卒業証書を受け取る卒業生(左)=22日午前、同校体育館

郡内21校で472人巣立つ

 小学校の卒業式シーズンがピークを迎えた22日、郡内の21校で卒業式が行われ、たくましく成長した卒業生472人が、保護者や教師らに6年間の感謝を伝え、祝福を受けながら学び舎(や)を巣立った。このうち新川小学校(佐事安弘校長、417人)は午前9時から体育館で卒業式を行い、男子25人、女子35人計60人の卒業生と体験入学児童1人が、佐事校長から卒業証書を受けた。

 佐事校長は式辞で「努力に勝る天才なし。自分なりの努力のやり方を見つけてほしい。友に優しく自分に厳しく、そのときできる事に全力で取り組んでほしい」と述べ、高村光太郎の詩「道程」を朗読した。

 卒業生は、全員で作詞した「夢、一直線」を朗読し「希望を捨てず、努力を続け、くじけてもまた立ち上がる。必ずかなえる。夢はつかむものだから」と力強く声を合わせた。

 4、5年生らは「小学校の思い出を大切に、素晴らしい中学生となって羽ばたいてください」とエール、歌を送った。

 卒業生保護者代表の鬚川貴明さんは壇上、涙で声を詰まらせながらレミオロメンの「3月9日」を熱唱、会場が温かい笑いに包まれる一幕もあった。

 石垣市教育委員会の石垣安志教育長(新田健夫職務代理者代読)、同校PTAの久場良也会長が祝辞を述べた。

 式後、晴れやかな顔、感極まって涙を流す者。さまざまな表情の卒業生が青空の下、5年生による鼓笛隊の演奏に送られながら母校を後にした。

 卒業記念に、卒業生らは母校にテント一張を寄贈した。

  • タグ: 卒業式新川小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム